健康と美容と病気と私

不眠症の体験談

time 2017/01/09

※寄稿記事です

 

私は比較的周りの人より規則正しい睡眠生活を送っている自信がありました。

が、大学生になってからよく不眠症になっています。布団に入ってからだいたい2時間くらいでしょうか、全然眠れないのです。

でも、電車で大学のキャンパスへ向かっているときの時間や面白く無い退屈な授業の最中とかであれば寝れるのです。

私はもともと高校生のときは部活をやっておらず、受験に専念して勉強しかしてないような暇で時間に追われることが決して無いような毎日を送っていました。親も厳しく、あまり長時間のケータイ使用や夜更かしを許さなかったために規則正しい生活を送ってこられてきました。

しかし、大学生になってから部活を始めたことによって突然多忙な毎日が始まりました。なれない専門的な勉強に宿題や復習に追われたり、部活も休みがほとんど無い上にかなりハードなので毎日が疲労との戦いでした。それに留学も行きたかったので、放課後から夜中の時間帯まで週に3回もバイトが入っておりかなり毎日がつらかったです。

 

でも、ある意味毎日は充実していたのではないか?とも思うので、つらすぎるから何かを減らそうという考えははじめから皆無でした。

そんな時に、今付き合っている彼氏との喧嘩をしたり部活で悩んだとき、または自分が生理期間だったりして何もかもが上手くいかずイライラしているときに溜まるストレスの量が何もしていなかった高校時代に比べて極端に増えました。

たくさんのこなさなければならないタスクの上に、解決しなければならない問題が頭の中にあるというだけでモヤモヤします。そんなときに私の不眠症は発動します。
私の不眠症は、不眠症になった原因に自覚があるときと自覚がないときがあります。

 

自覚があるときはどうにか改善も出来るのですが、自覚のないときには本当に困りました。

無意識に溜まっていくストレスをどうやって改善すればいいのか、どうやって事前に対処しておけば良いのかわかりませんでした。でも、そんなときに私はいつも某動画サイトに出てくる寝れる音楽を聴いています。寝れない人のための音楽が結構たくさん載せてあるんです。

それを聴いているうちに、フッと眠りに落ちてしまいます。

この先この音楽に頼らないと寝れないようになってしまうのが怖いので、本当に寝れないときの最終兵器としてしか使っていませんが、効果は絶大だと思います。

私はその音楽に助けられて、ストレスに負けない毎日をおくっています。

今は不眠で悩んでいる人の声を載せたサイトも沢山あるので、皆さんも参考にしてみて下さい。

down

コメントする




ダイエット